みんなの体験を元にしたお役立ち情報を配信していきます!

体 験 共 有

掃除・洗濯

フローリングにマットレス直置きでカビ!すのこで解決する?

更新日:

家でマットレスを使用している方は多いと思いますが、みなさんはマットレスを直置きで使用していますか?

特にフローリングの場合は、カビが生える!なんてことも・・・

今回はそんな「フローリングにマットレス」の是非と解決策についてお話ししていきます。

フローリングにマットレスを直置きしても大丈夫?

まず、フローリングにマットレスを直置きにすることは悪いことではありません。

しかし、デメリットがあるため、覚えておいて対策を練ることが大切です。
 

そのデメリットは4つあります。

  • 汗を逃がしにくくなる
    人の身体は、夜寝ている間に200ml以上の汗をかきます。
    そのため、その汗をマットレスが吸収するので、汗が逃げるどころか溜め込んでしまいます。
  • ハウスダストを吸いやすい
    床にはどんなに清潔にしていても、ホコリが溜まります。
    マットレスが床に直置きの場合、ホコリ等のハウスダストを睡眠中に吸い込むことになります。
    また、ハウスダストを好むダニがマットレスに繁殖したら、ダニの糞や死骸をアレルゲンとした呼吸器系の疾患にかかる恐れも出てきます。
  • マットレスの耐久性がなくなる
    特に、ウレタン式マットレスの場合、身体の熱や湿気によって、反発力や弾性がなくなり、凹んだまま戻らなくなることもあります。
    一方、コイル式マットレスでは、芯のコイルが錆びたり折れたりする可能性があります。
  • 床がフローリングだと、マットレスとの間に結露が出来やすい
    マットレスの上部は体温によって温かくなり、下部はフローリングと接触するために冷たい状態となります。
    この場合、マットレスの上下の温度差で、マットレスと床の接触部分で結露ができやすくなります。

大きく4つ注意点を挙げましたが、これらを注意して対策をしていると問題はありません。

その対処法としては、以下のようなものがあります。

  • マットレスにパッドやシーツをのせる
  • フローリングとマットレスの間に、アルミの保温シートと除湿シートを敷く
  • すのこベッド(後述)を使う
  • マットレスを通気性の高いものにする

フローリングに置いてあるマットレスにはカビが発生?

まずは、フローリングにマットレスを直置きするとカビが生えてしまうメカニズムを紹介します。
 

簡単に言うと、前述した「汗によってマットレスが湿気る」、「マットレスの上下の温度差により結露が出来て湿気る」という2つの理由により、通気性の悪い環境下となり、カビが繁殖するということとなります。

特に高・低反発マットレスラテックスマットレスがカビ発生の危険性が高いです。
 

しかし、その他のマットレスでもフローリングに直置きしていると、カビが生える危険性があるため、お勧め出来ません。

湿気でカビが発生するとなると、夏が特に危険であるように感じられますが、冬も全く安心出来ません。

特に、 起床時にマットレスの底面が湿っている、窓が結露でビッショリ濡れている部屋は要注意 です。
 

フローリングにマットレスの強い味方はすのこ?

前述した通り、通気性の悪い環境ではカビが繁殖してしまいます。
 

その際、活躍するのが、ベッドフレームの天板が「すのこ形状」になっているすのこベッドです。

また、ベッドが導入できない場合、床置きすのこベッドを使うことをお勧めします。

そうすることで、マットレスの下に通気スペースが生まれ、湿気が溜まりにくくなり、カビ繁殖を防止することが出来ます。

因みにあまり高さが無いものでは、十分と言えるほど通気性を得られる訳ではありません。
 

今回はフローリングにマットレスを直置きにすることに着目しているので、床置きすのこベッドについて紹介していきます。

床置きすのこベッドでも吸湿性・通気性ともに得られます。

しかし、すのこベッドの下の空間は多少であるため、湿気が溜まりやすいです。

また、ベッドが木製だと湿気を吸い取ってくれたりもします!

因みにすのこベッドフレームでは、吸湿性・通気性ともにかなり効果が得られます。

理由としては、ベッドの高さがある程度あるため、通気性が高くなり、さらに湿気が溜まりにくいからです。
 

●コチラに別の方も布団の直置きについて書いてます
フローリングに布団を敷いてると湿気でカビてくる?対策は?

●マットレスだけでなくカーペットも危険です
フローリングにマットレス直置きでカビ!すのこで解決する?

●生えてしまったカビは早めにキレイに取り除きましょう!
フローリングのカビ掃除|白カビの取り方|臭いを抑えるには?
 

まとめ

自宅では、フローリング等の床にマットレスを直置きにすることが多々あると思います。

実際、私自身も床に直置きで使用していますが、前述した対策方法を試しているのでカビが多く繁殖するようなことはありません。

その人が快適に過ごせるマットレスを使用し、快眠を得ることが、日頃の疲れを回復してくれるのではないでしょうか。
 

-掃除・洗濯
-,

Copyright© 体 験 共 有 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.