みんなの体験を元にしたお役立ち情報を配信していきます!

体 験 共 有

掃除・洗濯

フローリングワックスの塗り方を簡単に!重ね塗りしないとダメ?

更新日:

今は、床がフローリングのお家が多いですよね。
フローリングのお家で、多くの方がするのがワックスがけ。

しかしながら、ワックスがけって難しそうだし面倒だな…
もっと簡単に出来るなら、定期的にやるんだけどなぁ…
なんて人が大多数だと思います。

ワックスがけをすれば、綺麗になるのは百も承知だけど、時間も手間もかかるし、なかなかやる気にならない…

今回は、そんなワックスがけについてご紹介しますね。

フローリングワックスの塗り方は??

ワックスをかける前に、掃除機でフローリング表面のゴミやホコリを吸い取り、洗剤拭きをしてから水拭きをします。

いきなりワックスがけなんてしたらダメですよ!

●もし、元々ワックスを塗っている床だったら、ワックス剥離が必須なので、先にコッチを読んでください!
フローリングワックス添付前の剥離の意味|簡単な方法と道具
 

水拭きした後に乾燥させたら、いよいよワックスをかけます。

ワックスをかけるときには部屋の奥から順にかけます。

当たり前ですが、手前からかけてしまうと、ワックスが乾くまで身動きがとれなくなってしまいますからね。
 

ワックスを塗るときには、風が強くなくて天気のいい日の午前中にしましょう。

風の強い日だとホコリが飛び、ワックスで固まってしまったりします。
また、天気が悪い日では乾くまでに時間がかかってしまいます。
 

ワックスを原液のままワックス塗布用モップ等にまんべんなく染み込ませ、スーッと軽く伸ばすように丁寧にのばします。
モップの

ワックスをかけるときには、フローリングの溝や木目に沿って、真っ直ぐかけるようにしてくださいね。
 

無垢のフローリングなら、コレお勧めします!
長年愛用しています。

フローリングにワックスを簡単に塗る方法

ワックスはやっぱり手間がかかるからやる気にならない…

そんな人にオススメなのは、ペーパーモップです。
 

クイックルワイパーのようなシートタイプのワックスシートが売られているんです。

これを使えば!
・ワックスが飛び散ってしまう…
・ワックスがけの後のモップを洗うのが面倒…

こんな心配もありませんし、手間が省けます。
 

シートタイプだったら、使い終わったら、そのまま捨てるだけなので、洗う手間も省けます。

それに、ワックスをいちいち付け直したりする必要もないですし、容器に入れたワックスが飛び散ってしまったり、間違ってこぼしてしまうなんてこともありません。
 

また、ワックスを1日に一気にかけてしまおうとすると大変なので、今日はこの部屋!明日はここ!と数日に分けるのもいいでしょう。
 

フローリングワックスは重ね塗りした方がいいのか

ワックスをかけるのであれば、せっかくですから 2度塗りした方がいいです 
 

1度目は少し厚めに塗り、2度目は薄く塗ります。

1度目は、そこまで塗りムラを気にすることなく塗って大丈夫です。
2度目でムラを直す感じで調整しながら塗りましょう。
 

重ね塗りすることで、見た目にも美しくなりますし、それだけでなく
床を保護する効果も1度塗りよりも、さらに期待することができます。

しかし、 重ね塗りをしすぎると剥離のときに大変 になったり、重ね塗りをしすぎる事によって、ワックスが浮いて変に剥がれてしまう原因にもなります。

重ね塗りする場合は、2度~3度までにしましょう。

何事も、やりすぎは禁物です!!
 

まとめ

ワックスを塗ることで、見た目がツヤツヤで美しくなるだけでなくフローリングの保護にもなります。

ワックスがけって面倒だなぁ…と感じている人は、シートタイプのものも売られていますし、そういったものを活用してみて下さい。

ワックスをかけることによって、床を保護して、長持ちさせることにも繋がります。

ワックスをかけるなら、風が強くなくて天気のいい日にしましょう。

天気がいい日の方が乾燥時間が短くて済みますし、風が強いと、ホコリが舞ったりしてしまいます。
そうすると、ホコリが飛んできた上からワックスをかけて、そのまま固まってしまうなんてことになりかねません。
風が強くなくて天気のいい日を選びましょう。

-掃除・洗濯
-,

Copyright© 体 験 共 有 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.