みんなの体験を元にしたお役立ち情報を配信していきます!

体 験 共 有

マナー

年賀状を出したら喪中に!年末に亡くなった場合どうすれば?

更新日:

年末は何かと忙しいですね。師走というくらいですから、お正月に向けての様々な準備で多くの人がバタバタする時期です。

その中でも、年賀状を書くのはなかなか骨が折れる作業ですね。
年賀状を書き終わってポストに投函した瞬間、ホッと安堵の息がもれる、という方も少なくないのではないでしょうか。

ところが、年賀状を出した後に身内に不幸が、なんてトラブルに見舞われることも。
このままでは、年賀状が相手に届いてしまいます。

こういった場合、どう対処すればよいのでしょう。

年賀状を出した後に喪中に!つまり年末に亡くなった場合はどうすればいい?

この場合、方法は2通りあります。
 

まずは取り戻し請求という方法です。

年賀状を出したばかりなら、郵便局に行って取り戻し請求をすることができます。
手数料がかかりますが、年賀状を返還してもらうことができます。

ただし、ポストから回収された後の年賀状をさがすことは非常に困難で、配達局で探さなければなりません。

まずはお近くの担当郵便局に問い合わせをしてみてください。

ちなみに、記入済みの年賀状は喪中であることを伝えれば無料でハガキや切手と交換してもらえますので、無駄にはなりませんよ。
 

もうひとつは寒中見舞いを出すことです。

喪中ハガキではなく、寒中見舞いで身内の不幸を伝えます。

ですが、寒中見舞いは絶対に送らなければならないものではありません。

年賀はがきを受け取った方にも事情が伝わっている場合がありますから、年賀状が届いてもご理解いただけるでしょう。
 

また、喪中のしきたりはあくまでもプライベートな範囲のものです。

 仕事の関係者には通常通り 

年賀状を送ります。

関係者がごく親しい間柄の場合は喪中ハガキを送る場合もありますが、仕事上だけの付き合いの相手にも喪中ハガキを送ってしまうと、余計な気を遣わせてしまうことも。

やはり、仕事関係の相手には喪中ハガキは出さない方が無難です。
 

喪中なのに年賀状が届くことになるけど返事はどうする?

喪中ハガキを送ることができず、年賀状が届いてしまった場合は、年明けに改めて喪中ハガキを送るのではなく、寒中見舞いとして出しましょう。
 

まずは、年賀状をもらったお礼をのべます。

その後、「服喪中につき新年のご挨拶を差し控えさせていただきました」
などの文言を添えて、喪中のお知らせがいき届かなかったお詫びをします。

喪中ではありますが、いただいた年賀状には感謝して返信しましょう。
 

年賀状を喪中で出さないのはいつまで?

喪中には期間があり、自分と個人との続柄によって異なります。

一般的には 2親等以内 と言われています。
 

自分を基準に考えて

0親等 → 夫、または妻

1親等 → 父母、配偶者の父母、子供

2親等 → 自分、配偶者の兄弟姉妹、兄弟姉妹の配偶者、祖父母、孫

となります。
 

親等が近いほど長く喪に服するようですが、最近では親等にかかわらず1年間喪中にすることが多いようです。

目安としては一周忌法要をもって喪明けと考えてよいでしょう。

年賀状を出したい場合は、喪明けを過ぎてからがいいのではないでしょうか。
 

●どこまでの親族が喪中になるのだろう?と疑問の方はコチラへ

年賀状の喪中の範囲はどこまで?子供の年賀状はどうする?
 

まとめ

実は、この喪中のマナーというのはあくまでも目安にすぎません。
今回ご紹介したものも、あくまで一般的なものです。

故人との親密さや、地域の慣習などによっても異なります。
つまり、喪中の範囲や期間は明確に決められているわけではないのです。

喪中で一番大切なことは、身近な人を失った人が故人を偲ぶ期間だということ。
いつまで喪に服すかというのは、本人が自分で決めるということ。

決して強制されるものではないのです。
このことを念頭に置いて行うようにしましょう。

-マナー
-,

Copyright© 体 験 共 有 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.