みんなの体験を元にしたお役立ち情報を配信していきます!

体 験 共 有

料理

かまぼこに卵白使用の理由|不使用のものとアレルギー成分

更新日:

かまぼこは老若男女問わず食べやすい製品ですね。
ご飯のおかずにも、晩酌のおつまみにも大変優れた食品です。

しかし、お子さんに食べさせる際心配なのがアレルギー。
かまぼこには卵白が使われていますので、卵アレルギーの方は注意が必要です。

では、どうしてかまぼこには卵白が使われているの?
卵アレルギーでも食べられるかまぼこはないの?
等々疑問もあると思いますので、今回はかまぼこのアレルギーについて書いていきます。

かまぼこに卵白が使われる理由は何?

どうしてかまぼこには卵白が入っているのでしょうか。

かまぼこの原材料である魚は一般的にタラ類です。

タラ類には寄生虫が付くことがあります。
 

この寄生虫がたんぱく質を分解する酵素を出すのですが、放っておくとたんぱく質の分解が進んですり身が変性してしまうのです。

卵白はたんぱく質を分解する働きを止めるため、使用されているのです。

卵白を使う以前は、牛の血液から抽出したものを使っていました。

しかし、狂牛病が発見されてからは使用されることがなくなり、卵白になったのです。
 

また、たんぱく質が変性するとすり身の粘りがなくなってしまうため、卵白は増粘剤の役割も担っています

かまぼこのやわらかい弾力は卵白のおかげだったんですね。
 

かまぼこで卵白不使用のものってあるの?

結論から言うと、あります!
 

近年は大手メーカーで食物アレルギーについての研究が進んでおり、卵白、つまり卵を使用しないかまぼこもスーパーで気軽に買えるようになりました。

卵を使っていないかまぼこには、パッケージに不使用のマークがついています。

わかりやすく目立つように書いてあるので、簡単に見つけられますよ。
 

【冷蔵】 ハローキティー かまぼこ 70g HELLO KITTY キャラクターかまぼこ 紀文食品 | ハローキテイー 卵不使用 キャラクター キャラ アニメ 弁当 かまぼこ カマボコ 蒲鉾 惣菜 そうざい お弁当 おかず 魚介 シーフード 食品 通販 к100ж

かまぼこには卵白の他にどんなアレルギー成分が入っているか

かまぼこを食べる際、もうひとつ気を付けなければならないアレルギー成分があります。

それは、エビアレルギーです。
 

何故エビかと言うと、かまぼこの原材料である魚がエビを捕食している場合があるからです。
 

消費者庁のホームぺージにアレルギー表示についてのQ&Aがあります。

そこには

『なお、魚肉すり身などには、様々な段階でえび、かにがコンタミネーション(異物混入)することが考えられます。しかし、このような場合、原材料中の意図しないえび、かにの混入頻度と混入量が低いものについては、患者の食品選択の幅を過度に狭める結果になることから注意喚起表示の必要はないものと考えています。』

と書いてあります。
 

かまぼこの原材料である魚がエビを食べる可能性がありますが、必ず食べている、もしくはエビの成分が確実に入っている、という場合でなければ、パッケージにはアレルギー表記をしなくても良いということになっているのです。

念のために、とアレルギー表記をしているかまぼこもありますが、全てのかまぼこ製品に記載されているわけではありません。
 

アレルギーの症状は個人によって様々です。

少しくらい混入されていても大丈夫な人もいれば、ほんの少しでも症状が出る人もいるでしょう。

そのため、エビアレルギーがある人はかまぼこを避けるのもいいかもしれませんね。
 

●かまごこを食べても大丈夫なら!
かまぼこは冷凍できる?お弁当で活躍させる!自然解凍でOK?
 

まとめ

いかがでしたか? かまぼこに卵白が使われている理由がわかりましたね。

ですが、アレルギーに配慮したかまぼこも販売されているので、卵アレルギーの人も購入する際に気をつければ美味しいかまぼこが食べられそうです。

一方で、エビアレルギーについては記載の必要がないため、知らなかったという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

アレルギーは命にかかわるため、慎重になることに越したことはありません。

表記がないから大丈夫ではなく、時には自分で調べることも必要なのかもしれませんね。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました(^^)/

-料理
-,

Copyright© 体 験 共 有 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.