みんなの体験を元にしたお役立ち情報を配信していきます!

体 験 共 有

子育て

布おむつと紙おむつ比較してどっちがいい?コストは?併用は?

更新日:

子育てで最も初めに悩むことは、赤ちゃんのおむつ交換です。

おむつは近年、様々な種類で出てきており、どのタイプが赤ちゃんにとって良いのか?
と悩むことがあると思います。

そこで、今回は赤ちゃんの布おむつと紙おむつの2種類についてご紹介します。

布おむつと紙おむつ比較してどっちがいい?両方使ったことがある人教えて!

まず、おむつは布タイプと紙タイプがあります。

それぞれメリットとデメリットがあるので、こちらを紹介していきます。
 

布おむつのメリット

赤ちゃんとのスキンシップが増える

布おむつでは、おしっこの吸収率があまり良くないため、おむつ交換の回数が必然的に多くなります。

そうなると、赤ちゃんとのスキンシップも増えるため、赤ちゃんの状態や異変があった場合も気付きやすくなります。
 

なにより経済的

布おむつは初期費用こそかかりますが、洗い直して使用することが出来ます。

そのため、おむつが取れるまでの期間を考えると、トータルの費用は安くなります。
 

デリケートな赤ちゃんの肌にやさしい

質が布で肌触りが良く柔らかいため、赤ちゃんの肌を傷つけることが少ないです。
 

購入量が少なく、買い置きの手間がない

洗い直せるため、多くの枚数を必要としません。
 

ゴミが出ない

布おむつは洗えば繰り返し使えますからね。
 

おむつはずれの早い子が多い

すぐにおしっこで濡れたことを肌で感じやすいため、おむつはずれが比較的早いとされます。
 

布おむつのデメリット

紙おむつと比較して、おむつ交換の回数が多い

紙おむつと違い、吸収率が悪いため、おむつ交換の頻度が多くなります。
 

洗濯をする手間がかかる

使い捨てではなく、洗って使い直せる半面、洗濯には手間がかかります。
 

外出時の荷物がかさばる

必ずお持ち帰りになりますからね(;^_^A
 

紙おむつのメリット

後始末が楽
使い捨てなので、布おむつのように洗う必要が無いです。
 

コンパクトで、外出時のおむつ携行量が少なくてすむ
そして、捨てることが可能なときは、帰りは当然減ってます。
 

吸収率が高い
吸収率が高いため、おむつ交換の頻度は少なく済みます。
 

紙おむつのデメリット

布おむつと比較して、費用がかかる
使い捨てであるため、紙おむつはコストが高くなりやすいです。
 

吸収率が良いため不快刺激が少なく、泣いて知らせることが減る
良いところあれば、悪いところありですね。
 

ごみの量が多くなる
使い切りで捨てるので当然ですね。
 

このように布おむつと紙おむつどちらが良いか?ではなく、メリットとデメリットがどちらのおむつにもあるということです。

あなたにとって、そしてあかちゃんいとってどちらが良いのか、考えた上で決めてください。
 

布おむつと紙おむつのコストを比較

布おむつのコストは、1枚につき約150円で、用意する枚数は約40枚というところです。

その場合、約6,000円と洗濯代となります。
 

一方、紙おむつのコストは、1枚につき約20円であることが多く、1日あたり平均9枚使います(個人差は結構ありますけどね)。

そのため、おむつが取れるまでの期間が1年とすると、約66,000円になります。
 

布おむつと紙おむつを併用する場合は、どんな感じで使い分けてるの?

布おむつと紙おむつを併用する場合、家にいる時と外出する時で使い分ける人が多いです。
 

布おむつは保管する際に紙おむつよりもかさばります。

また、外出時は布おむつの場合、必ず持ち帰らなければなりませんし、外出先で予洗いなどもほぼ出来ません。

そのため、外出時には紙おむつの方が利便性が良いと言えます。
 

なので、「家では布おむつ、外出時は紙おむつを使う」という選択肢もあります。

どちらか一方だけ!というのではなく、臨機応変に使い分けることが出来ると、赤ちゃんにも親にも良いかもしれませんね。
 

まとめ

布おむつと紙おむつは、それぞれメリットとデメリットがあります。

どちらか一方で統一するのも良いですが、その場に応じて使い分けることで、それぞれのメリットを活かせるのではないでしょうか?

-子育て
-,

Copyright© 体 験 共 有 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.