みんなの体験を元にしたお役立ち情報を配信していきます!

体 験 共 有

子育て

兄弟喧嘩で暴力を振るう子供 中学生以上なら?警察は動く?

更新日:

兄弟喧嘩はお母さんにとって頭が痛くなる悩みですよね。

けど、兄弟喧嘩をすることで、子供たちは他人とのコミュニケーションの取り方を学んでいます。
ちょっとしたいさかいなら、仲裁せずに見守るのも、子供が成長する上で大切なことなんです。

ですが、喧嘩がエスカレートして手が出てしまったら?
暴力で家族が怪我をしてしまったら?
もし子供が暴力を振るうようになった場合、どうしたらいいのでしょうか?
 

●お母さんが兄弟げんかにイライラするときはこちらをご覧ください。
兄弟喧嘩ばかりの子供にストレス溜まってイライラ!何が原因?
 

兄弟喧嘩で暴力を振るう子供にはどう対応すべきか

兄弟喧嘩はすぐに仲裁せず、見守ることも必要だと書きました。

ですが、喧嘩が暴力沙汰に発展したら、すぐに止めに入ってください。

手を出したことについてはしっかりと叱りましょう。
 

どんな理由があろうと、他人に暴力をふるってはいけません。

もしここで叱らなかった場合、今度は兄弟以外にも手を出すようになってしまいます。

それが友達や学校の先生だった場合、兄弟喧嘩以上のトラブルに発展してしまう可能性もあります。
 

暴力は悪いことなのだとしっかり教えてあげてください。

喧嘩をしたことと、暴力をふるったことは話が別です。

暴力について叱った後は、喧嘩の原因についてしっかり話を聞いてあげましょう。
 

兄弟喧嘩で暴力を振るう子が中学生以上ならどう対応すべきか

言い争いだけで喧嘩が終わればいいのですが中学生にもなると、心はまだ子供ですが、体はもう大人に引けを取りません。

特に男の子の場合、体格が良くなって力も強くなります。

そんな子供が兄弟喧嘩で暴力を振るうようになると、思わぬ怪我をする危険があります。
 

まずは、子供たちが喧嘩をしないようにすることが大切です。

兄弟喧嘩が始まったら、お母さんは叱るのではなく、伝え方を変えてください。

具体的には、「あなたたちが喧嘩をしたら、お母さんは悲しい」と伝えます。

そして、仲良くしてほしいとお願いをするのです。

頭ごなしに叱られた場合、子供たちに反発心が芽生えることがありますが、大好きなお母さんが悲しんでいるのを見れば、喧嘩をしないように努力してくれるでしょう。
 

 

どうしても兄弟喧嘩が治まらない場合は、一時的に兄弟を離すことも検討してみてください。

離れて暮らすことでさびしい気持ちがわいてくれば、以前より仲が良くなる可能性は十分にあります。

大切なお子さんが大怪我をしてからでは遅いです。

危険だと思ったら早めに対策をしてあげてください。
 

●兄弟げんかが中学生でも高校生でもなく成人してからの場合は?
大人の兄弟喧嘩の仲直り方法|暴力沙汰なら逮捕もある?
 

兄弟喧嘩で酷い暴力を振るう子どもに警察は対応してくれるか?

兄弟喧嘩の暴力がエスカレートしてしまった場合、警察は対応してくれるのでしょうか?
 

いえ、警察は家族など、家庭内の事件については積極的に動きません

「兄弟喧嘩なら、家庭内で穏便に……」と言葉を濁されるでしょう。
 

では、何故警察は助けてくれないのでしょうか?

実は、『法は家庭に入らず』という法諺(ほうげん・法律に関する格言)があります。

つまり、家庭内でのトラブルは法律ではなく、家庭内で解決しようという考え方のようです。
 

加害者が家族だと、被害届を出しても後日に取り下げることが多いため、警察はあまり介入したがりません
 

まとめ

暴力は、いかなる場合でも許されるものではありません。
小さな子供ならまだしも、中学生以上になればもう大人と変わりません。
ちょっとした衝動が大きなトラブルを招く場合もありますので、暴力はいけないことだとしっかり教えてあげてください。

喧嘩をしないように働きかけるのも大切ですが、どうしても喧嘩を始めてしまう場合は、思い切って兄弟を引き離すのもひとつの方法です。

万が一怪我をしてしまったら、すぐに病院へ行きましょう。
警察は家庭内のトラブルには積極的に関与しないので、いざという時は診断書や弁護士の準備が必要になります。

思わぬ大事に発展しないよう、お子さんの動向には十分気を配ってあげてくださいね。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました(^^)/

-子育て
-,

Copyright© 体 験 共 有 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.