みんなの体験を元にしたお役立ち情報を配信していきます!

体 験 共 有

マナー

お墓参りのお供え物は持ち帰り?お酒やタバコは?下に半紙?

更新日:

近年はお墓離れが進んでいると言われていますが、お盆やお彼岸にお墓参りをする習慣は未だに強く残っています。

故人やご先祖様に感謝を伝えるお墓参り。しょっちゅう行けないからこそ、行くときは正しいマナーでご先祖様に喜んでいただきたいですよね。

ご先祖様に喜んでもらえるお供え物とは、一体どんなものなのでしょうか? お供え物についての知識やマナーについて書いてみました。今後のお墓参りが充実したものになるよう役立ててください。

お墓参りのお供え物は持ち帰りするべき?

基本的に、お供え物については持ち帰るのがマナーです。

食べ物はもちろん、最近ではお花も持ち帰るのがルールになっている霊園もあります。

食べ物や花を置いたままにすると腐って臭ったり、虫が発生したりする原因になるからです。

お墓が汚れる原因にもなりますので、必ず持ち帰りましょう。

持ち帰ったものをどうするかという点に関しては、二つの異なる考え方があります。

一つ目は、自宅の仏壇にお供えしてもいいというもの。

これは、仏壇にお供えするのは故人への真心なので、どんなものでも問題ないという考え方です。

二つ目は、仏壇にお供えしてはいけないというもの。

お墓参りの時にお供えしたものは、ご先祖様がすでに召し上がった物のため、食べ残しを仏壇にお供えするのは失礼という考え方です。

お墓参りをする家族や身内の考え方次第ですが、私は仏壇にお供えはせず、自宅に持ち帰って家族と一緒に食べてしまうようにしています。

お供え物のおさがりを食べることでその「気」を分けていただくという考えがあり、地方によっては、お供え物のおさがりをお墓の前で食べてしまう風習もあるんです。

持ち帰ったお供え物は、故人やご先祖様を想いながらありがたくいただきましょう。

お墓参りのお供え物にお酒やタバコってどうなの?

仏教でお供え物という場合は「香」、「花」、「灯燭」、「浄水」、「飲食」の五供が基本となっています。

「香」はお線香。「花」は献花。「灯燭」はロウソク。「浄水」はお水。「飲食」は文字通り食べたり飲んだりするものです。

ですが、あまり細かいことを考えなくても故人が好きだったものをお供えするので構いません

お酒やタバコが好きな人であれば、それをお供えしてもいいんです。

お酒はふたを開けて、タバコは一本だけ火をつけてお線香と一緒にお供えをしてください。

どちらも、お参りが終わったら必ず持ち帰るようにしましょう。

ただ、たまにお酒が好きだった人のお墓にお酒をかけてあげるという人がいます。

お酒をお供えするのは構いませんが、お墓にかけるのはやめましょう

お酒には糖分が含まれているため、墓石が酸化することによってシミが付いたり、変色したり、汚れたりする原因になります。

お供えする食べ物、飲み物に避けた方が良いものはありませんが、匂いの強いものと生ものはよくないとされています。

匂いの強いものは「香」の香りを妨げるため、故人に対して失礼にあたるからです。

ニンニクやニラ、ネギなどは避けるようにしましょう。

また、肉や魚などの生ものは殺生を連想させるため、タブーと言われています。

どんなに個人が肉や魚が好きでも、生ものは避けるようにしてください。

どんなお供え物にしようか迷う時は、季節に合わせた旬のものを持って行くのがおすすめです。

また、丸い果物を選ぶことで、丸いもの、すなわち「円」が故人との「縁」につながるという意味合いを持つため、丸い果物がよいとされています。

けど、お供え物はあくまでも気持ちですので、難しく考えず、故人やご先祖様のことを考えて選ぶようにしましょう。

お墓参りのお供え物の下に半紙?

お墓にお供え物をする際は直に置かずに、半紙を折ってその上に置くのが一般的です。

食べ物を直接墓石に置くことで墓石が汚れるのを避けるためです。

半紙には折り方があります。

通常のお墓参りやお彼岸・お盆の際は右上から手前に。

葬儀や中陰の時は反対向きの左上から手前に折ります。

半紙の端と端が同じくらい出るように三角形に折れば完成です。

まとめ

お墓参りのお供え物は基本的に持ち帰るのがマナーです。食べ物や花が腐ってしまうと、お墓を汚してしまう原因にもなりますので、必ず持ち帰るようにしてください。

持ち帰った食べ物は、ご先祖様の「気」をいただくため、ありがたくいただきましょう。
お供え物は、基本的に個人が好きだったもので構いません。食べ物や飲み物は封を開け、ご先祖様が食べたり飲んだりしやすい状態にしてお供えしましょう。
お酒やタバコもOKですが、お酒の場合、墓石にかけるということはやめてください。

お供え物をする時には、折った半紙の上に置きます。墓石に直接置くのは汚れの原因になりますので、避けるようにしましょう。

これらのポイントを押さえておけば、お墓参りはばっちりです。自身を持って清々しい気持ちでお墓参りに臨みましょう。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました(^^)/

-マナー
-,

Copyright© 体 験 共 有 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.