みんなの体験を元にしたお役立ち情報を配信していきます!

体 験 共 有

料理

お餅のレンジでの焼き方と注意点!トースターだと?

更新日:

お餅を焼くときに、レンジやトースターを使えば簡単なのに…と思うことってありますよね。

今回は、レンジを使ったお餅の焼き方や注意点などをご紹介します。

お餅のレンジでの焼き方はこうすれば美味しくなる!

お餅をレンジで焼くときは、お餅を水で濡らすことでお皿にくっつかなくなりますよ。
 

これが意外と大切なんです。

お餅を水で濡らして、お皿に少し水を入れておいてくださいね。

水を入れる量の目安は、お餅1個に対して小さじ1/2くらいです。
 

焼くと同時に味付けもしてしまう方法として、お皿にお水を入れたら、そこに醤油も一緒に入れてしまえば焼くのと同時に味付けまで出来てしまいますよ。

醤油の量の目安も水と同じですので、お皿に水と同じ量の醤油を入れてください。

焼く前にお餅をしっかり濡らしておくことで、醤油の味がお餅に染みて美味しく仕上がります。
 

加熱後にバターを乗せてバター醤油で食べたり、大根おろしを添えて食べるのも美味しいですよ。

焼くのと味付けが一緒にできるんですから、これほど楽なことはありませんよね。
 

お餅をレンジで焼くときの注意点

お餅をレンジで焼くときは、必ず底が平らになっていて深さがあるお皿で焼いてください。
 

お餅は焼けてくると膨らむので、そのときに深さが足りないと、膨らんだお餅がラップにくっついてしまうこもにもなります。

お皿にかけるラップもきっちりかけるのではなく、ふんわりかけるくらいにするのもポイントです。
 

加熱時間は、そのレンジにもよって多少の差はありますが、お餅1個に対して500wで1分くらいで焼けます。
 

お餅を1個ずつレンジで焼くときは気にする必要ありませんが、何個かまとめて焼くときは、隣同士のお餅がくっつかないようにするため、お餅とお餅の間をあけて置いてから焼いてくださいね。

市販でもレンジでお餅を焼くための用品が売られているので、そういったものを使うのもおすすめです。
 

お餅はレンジじゃなくてトースターでも焼ける?

お餅はレンジだけじゃなくて、トースターでも焼くことができます。
 

トースターで焼く時はクッキングシートを使うことをおすすめします。

我が家では、お餅を焼くときは専らトースターです。
 

トースターでお餅を焼くときは、そのままお餅を乗せて焼くとくっついてしまって後が大変なので、クッキングシートを敷いて、その上にお餅を並べて焼けば、くっつくこともないのでトースターを掃除する手間も省けて後片付けも楽ですよ。
 

トースターで焼く場合は、レンジの時のように味付けまで同時にすることはできませんが、トースターだからこそ、レンジではつかない焼き色もつきますよ。
 

●お餅を焼こうとしたら少しカビが生えていた!あなたならどうする?
餅がカビ臭いんだけど食べられる?毒性はないという話は本当か
 

まとめ

レンジであってもトースターであっても、美味しくお餅を焼くことができます。

レンジでお餅を焼けば、つきたてのお餅のような柔らかさになるので、切り餅の硬さが苦手…という人にはおすすめです。

トースターでは、レンジでは出せない焼き色をつけることができるため、網で焼いたような香ばしさも楽しむことができます。

人それぞれ好みは違うので、自分の好みに合う方の焼き方で手軽にお餅を美味しく食べてください。
網で焼くとなると、少し億劫に思ってしまうかもしれませんが、レンジやトースターで簡単に焼くことができれば、家で余ってしまっているお餅を消費する気にもなりますよね。

個人的には、レンジで焼く場合には、市販で売られているレンジでお餅を焼くためのグッズを使うのがおすすめです。
私の実家では、それを使ってお餅をレンジで焼いているんですが、ちょうど良い柔らかさのお餅に仕上がりますし、片付けも洗い物が少ないので楽ですよ。

お正月など、出番がなくなると余りがちなお餅ですが、手軽に美味しく焼いていただきましょう。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました(^^)/

-料理
-,

Copyright© 体 験 共 有 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.