みんなの体験を元にしたお役立ち情報を配信していきます!

体 験 共 有

旅行

赤ちゃんを温泉に連れて行くならいつ頃から?おすすめ宿もご紹介!

更新日:

温泉は疲れを癒すのに最適です。

しかし、疲れが溜まりやすい子育てをしている方は、「赤ちゃんって温泉に入れるの?」と疑問に思うことがあると思います。

そんな疑問を今回は払拭していきたいと思います。

赤ちゃんを温泉に連れて行くならいつ頃から?

赤ちゃんは成人と違って、肌の強さや免疫力が繊細で弱いです。

そんな赤ちゃんは、いつ頃から温泉に連れていくことが出来るのでしょうか?
 

専門医の回答は様々であり、具体的に「いつ頃から入っても問題無い」という決まりはありません。

赤ちゃんは約1ヶ月で自宅のお風呂で入浴が可能になります。

しかし、赤ちゃんは肌が繊細であるため、酸性・アルカリ性の刺激が強い温泉は、極力避けた方が良いでしょう。

また、硫黄を含む場合は、皮膚への影響も考慮して生後1年以内の入浴は控えるべきと言われています。
 

また、免疫力が弱いため、温泉水を誤って飲んでしまうと、感染症のリスクが高くなります。

感染症のリスクを考慮すると、概ね1歳未満は避けたほうが無難です。

1歳以降であれば、泉質が極端に刺激的でなければ、健康的な影響は無いと考える医師が多いです。
 

また、赤ちゃん本人の問題だけではなく、周囲の人にも考慮してみます。

おむつが取れていない時期では、温泉の中でおしっこをしてしまう可能性も否定出来ません。

さらに、1人である程度歩けないと、親の負担がかなり大きくなります。

赤ちゃんが夜泣きする子や、言うことを全然聞かない時期では、親だけでなく、その周囲の人にまで迷惑をかけてしまうこともあるでしょう。
 

以上のことから、赤ちゃんと温泉に行くには、「1歳を超えたら温泉に入れなくはないけど、親の言うことをしっかり聞ける年齢になってから」が理想ということになりますね。
 

赤ちゃんを連れ行けるおすすめの温泉はココ!

肌が弱い赤ちゃんと温泉に行く際には、刺激の少ない泉質を選ぶと良いです。

比較的に安全な泉質は「単純温泉」で、湯の中に含まれる成分が一定量に達していない泉質になります。

安全といっても、体を洗うときはやさしく洗うことを意識してください。
 

一方、酸性やアルカリ性の強い温泉や硫黄泉の場合、大人でもピリピリと感じるくらい刺激が強いので、赤ちゃんには良くありませんね。

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。

少しの変化でも敏感に反応してしまうので、少しでもトラブル回避のため、泉質選びは慎重行わなければいけません。
 

赤ちゃんと一緒に快適に泊まれる温泉宿をご紹介!

今回は赤ちゃんと快適に泊まれる温泉宿を<関東>と<関西>に分けて紹介します。

※各温泉の画像をクリックすると詳細が見れます。
 

関東の赤ちゃんと泊まれる温泉宿

群馬県:水上館 山と渓流に抱かれた16湯の温泉宿
事前予約は必要ですが、離乳食対応で離乳食の持ち込みも可能です。
オムツを捨てることが出来、ベビー布団の貸出も行っています。
温泉処は約15種類あり、その中には部屋付き露天風呂もあるため、赤ちゃんにもお勧めです。

じゃらんからの予約はこちら
⇩ ⇩

静岡県:熱海 森の温泉ホテル
離乳食の持ち込みは可能で、オムツを捨てる場所もあります。
赤ちゃん用のバスチェアの貸出を行っており、貸切露天風呂もあります。
広々としたキッズルームもあるため、赤ちゃん・両親ともに満足出来るようになっています。

じゃらんからの予約はこちら
⇩ ⇩

静岡県:露天風呂の宿 ホテル緑風園
離乳食の持ち込みは可能で、オムツを捨てる場所もあります。
源泉掛け流し100%の天然温泉は、24時間入り放題です。
また、絵本から室内遊具まで充実のキッズスペースがあるので、赤ちゃんも退屈しないようになっています。

じゃらんからの予約はこちら
⇩ ⇩

関西の赤ちゃんと泊まれる温泉宿

兵庫県:神戸有馬温泉 元湯龍泉閣~赤ちゃんも楽しめるお部屋食の宿~
赤ちゃんのお世話ができるベビールームの他、キッズルームがあります。
さらに約1,500冊の絵本も用意されており、離乳食の盛り合わせや赤ちゃん御膳等のメニューもあります。

じゃらんからの予約はこちら
⇩ ⇩

京都府:ホテル&リゾーツ 京都 宮津
館内はバリアフリーで、赤ちゃん連れには嬉しい設備となっています。
特に36平米の広さがあるベビールームもあり、空気清浄機能付き加湿器や授乳クッション、ベッドガード等もあります。
朝食はバリエーション豊富であり、3歳未満は無料となっています。

じゃらんからの予約はこちら
⇩ ⇩

和歌山県:白浜古賀の井リゾート&スパ
ベビールームには、お尻拭き等の赤ちゃんグッズの他、ベビーガード、お風呂グッズ等も準備されています。
売店ではベビー用品の販売も行っており、周辺にはアドベンチャーワールドや白良浜など観光スポットも充実しています。

じゃらんからの予約はこちら
⇩ ⇩

まとめ

赤ちゃんは肌も免疫力も繊細であるため、何事にも心配事は尽きないことでしょう。
しかし、温泉は、親の言うことを聞くようになった頃から行けるようにはなります。

また、赤ちゃんは成人と違って体が弱った時の症状が出やすいです。
赤ちゃんの身体を大切にするためにも、普段からの赤ちゃんの動きや表情をよく確認しておくと、温泉以外のことでも大事になることは避けられます。

これらのことに配慮していれば、赤ちゃんとのより良い温泉旅行が出来るようになることでしょう。

-旅行
-,

Copyright© 体 験 共 有 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.