みんなの体験を元にしたお役立ち情報を配信していきます!

体 験 共 有

イベント

大晦日ってどんな意味や由来があるの?大掃除や年越しそばは?

更新日:

みなさんは日本の行事について、意味や由来をどれぐらい知っていますか?

大晦日は毎年ある行事の1つです。

今回は、その大晦日についての意味や習慣となっているものの紹介をしていきたいと思います。

大晦日ってどんな意味と由来があるの?

そもそも、大晦日とは1年の最後の日で別名「大つごもり」とも呼ばれます。

日本では、年神を迎える事にちなむ行事が行われます。

年神とは、日本の宗教である「神道」の神のことです。
 

旧暦では、毎月の最終日を「晦日(みそか)」といい、年内最後の12月の晦日のため、「大晦日」と呼ばれるようになったのが、由来とされています。

因みに大つごもりの「つごもり」は晦日の別名であり、「月隠り(つきごもり)」が転じたまのと言われています。
 

大晦日には、大掃除の他に除夜の鐘や初詣、年越し蕎麦、雑煮などの伝統的な行事・風習があります。
 

大晦日に大掃除をする意味は?

大晦日に大掃除をする意味とは何でしょうか?
 

そもそも大掃除とは、いつも手の届かないところまで手を伸ばして、ホコリを払ったりして、1年の「穢れ(けがれ)」や「厄を払う」という意味があります。

大掃除は大晦日に行うものというのが一般的な風習になっていますが、地域によっては12月の半ばから大掃除を始めて、12月31日の大晦日までに終わらせるところもあるようです。

本来の大掃除とは、12月13日から開始して12月31日までの期間に終わらせるものとされています。
 

因みに大掃除はしても良いとされる日といけない日があります。

大晦日である12月31日は大掃除をしてはいけない日に当たります。

12月31日は、お正月の祭神様を迎える日にあたるので、大掃除はすでに終えておくべき日になります。
 

また12月29日も大掃除をしてはいけない日になります。

これは、12月29日の「9 → 苦」と連想されるためとされます。
 

大掃除をしても良いとされる日は12月13日と言われています。

12月13日は「物忌み(ものいみ)」の始まる日とされており、神社でもこの日に大掃除をすることが多いです。

物忌みとは、祭神様を迎えるにあたって心身ともに清める行動のことを言います。

また、自分自身の「穢れ」を落とすという意味もあるので、この日に大掃除をすると良いとされています。
 

大晦日に年越しそばを食べる意味は?

年越しそばとは、大晦日に縁起を担いで食べるそばのことです。

この年越しそばにも地域によって様々な呼び方があり、「晦日そば」「大晦日そば」「つごもりそば」「運そば」「年取りそば」「年切りそば」「縁切りそば」「寿命そば」「福そば」と多くあります。

年越しそばの由来は、江戸時代、毎月末に晦日そばを習慣的に食べられており、それが大晦日にのみ行われる年越しそばになったとされています。
 

しかし、年越しに何故そばを食べるようになったかというのには諸説あります。

そばは細く長いため、延命・長寿を願ってそばを食べるようになったという説がよく語られています。

また、昔はそばが五臓(心臓・腎臓・膵臓・肝臓・脾臓)の毒を取るものと信じられていたことや、家族の縁が長く続くようにとの意味で、そばが食べられるようになったとも言われています。

どの説にしても縁起の良いこととされているため、年越しにそばを食べられるようになったとされていますね。
 

created by Rinker
信州戸隠そば
¥3,940 (2020/07/11 23:28:38時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

大晦日には様々な意味や由来、習慣があります。

毎年の行事であり、せっかく行うのであれば、意味や由来を知って日本文化を感じるながら行うと、より一層楽しめるのではないかと思います。

より良い1年を迎えるために、是非とも意味を知って年を迎えてみては?
 

-イベント
-,

Copyright© 体 験 共 有 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.