みんなの体験を元にしたお役立ち情報を配信していきます!

体 験 共 有

イベント

お年玉の入れ方は折らない?二つ折り?三つ折り?複数枚だと?

更新日:

もうすぐ今年も終わりますね(^_^)
新年を迎えるにあたり、「お正月は準備が大変でゆっくりできない…」って方も多いのではないでしょうか。

年越し前は年賀状を書いて、おせちや年越し蕎麦の用意、年明けにはお雑煮を作ったり、初詣に行ったり…特に家族がいる場合だと、実家や親戚に挨拶しに行かないといけなかったり…そんな時、高い確率で必要になってくるのが『お年玉』です。

社会人なりたてで今までお年玉を貰う側だった人たちは、お年玉の事なんてちゃんと考えた事ないですよね。実はお年玉にもちゃんとマナーがあるんですよ(°_°)

そこで今回は、お年玉の入れ方についてご紹介させて頂こうと思います。
 

●大学生必見!!
お年玉は大学生は貰う側かあげる側か|金額相場

お年玉の入れ方って折らないってホント?

まず、お札や硬貨を入れる袋の事を『ポチ袋』と言います。

どんなに急でも何かに包んで渡すようにしてください。
(マナーがないと思われる可能性大です!)
 

お札は新札(ピン札)を入れるようにしましょう。

次に、お札をポチ袋に入れる際「本当はお札を折らない方がいいのでは…」と、思った方もいると思います。

安心してください!
お札は折っても大丈夫です!

折らないとお札が入らないポチ袋もありますし、折らないでお札を入れることができるポチ袋もあります。

基本どちらでも構いません。

自分の好みのポチ袋を買い、それに合う折り方を選んでください。
 

お年玉の入れ方は二つ折りでもいいのかな?

お年玉は折っても折らなくてもどちらでも構わないのですが、折り方には注意してください。
 

まず、 二つ折りは問題ありません 

お年玉で注意することは、こんな感じ

① 折ったお札が開いたときに、ちゃんと表(肖像画がある側)が見える事

② ポチ袋の絵柄とお札の柄が逆さまになっていない事

③ 左から右の順番でたたむ事

以上です。
 

この三つにさえ気をつけていれば、もしお年玉を親戚に見られた際など「常識がない!」と思われる事もないでしょう。
 

お年玉の入れ方はやっぱり三つ折り?

 一般的には三つ折りが多い 

と思います。

しかし最近では色んな種類のポチ袋が販売されているので、そのポチ袋に合った折り方で入れてもらって大丈夫です(^_^)

折らなくてもお札が入るポチ袋にわざわざ二つ折りや三つ折りで入れてしまったら、膨らんでしまい見た目も良くありません。

二つ折り三つ折りはどちらでも良いんです。
 

しかし『四つ折り』はできるだけしないようにしてください!!

やはり4という数字はあまり縁起が良くありません。

マナーとして、四つ折り以外の入れ方を選んだ方がいいです。

しかし最近だと、 お札の肖像を上手に使ったお札の折り方 なども存在します。

 肖像画を上手く使えるような工夫がされたポチ袋 

なんかも販売されているんですよ!

面白い折り方などはこちらに詳しく載っていますので、もし良ければ参考にしてみてください。
 

やっぱりお年玉は気持ちが大事ですよね。相手が貰って喜んでもらえるお年玉にしてあげましょう。
 

お年玉の入れ方は複数枚のお札のときはどうするの?

複数枚入れる場合だと、一枚一枚折った方が丁寧に見えるのでは(゚-゚;)と考えちゃうかもしれません。

そんな事しなくて大丈夫です!

 複数枚入れる場合は、お札を重ねてから折る 

ようにしましょう。

さきほど、お伝えした3つの事だけ気を付けくださいね。
 

まとめ

いかがでしたか?

・お年玉は折っても折らなくてもどちらでも良い
・二つ折り、三つ折りは良いけど四つ折りはしない方がいい
・複数枚入れる時は、重ねて折る

これで親戚から「この人常識ないな〜…」なんて思われる事もありませんね!
これからお年玉をあげる側になった人達にとって、少しでもお役に立てる情報だったでしょうか?

新しい年の始まり、ぜひ気持ちよく迎えて下さいね(^-^)
 

-イベント
-,

Copyright© 体 験 共 有 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.