みんなの体験を元にしたお役立ち情報を配信していきます!

体 験 共 有

マナー

お通夜では黒真珠が一般的?口紅の色は?化粧で気を付ける事

更新日:

皆さんは普段からきちんと喪服の準備をされていますか?

結婚式など、あらかじめ予定が決まっている行事と違って、お通夜や葬儀は突然おとずれるもの。
しかも、故人の遺族にとっては故人との最後のお別れになる大切な儀式です。
参列した際に失礼があってはいけませんよね。

そこで、今回は一般参列者としてふさわしい服装やマナーに関することをまとめてみました。
備えあれば患いなし、いざというときのためにしっかり覚えておきましょう。

お通夜や葬儀などのおくやみには黒真珠が一般的と言われたのですが?

弔事に参列する際の服装は、黒で統一するのが一般的です。

そうなると、身につける真珠のアクセサリーも黒真珠の方がいいのでしょうか?
 

いえ、そんな事はありません。

お葬式の場で着けても良いとされている真珠の色はホワイト、ブラック、グレーです。

黒でなければいけないなんて事はありませんので安心してください。

だだ、ピンクの真珠は避けましょう。
 

また、ネックレスの場合は一連のものを選んでください。

二連のネックレスは不幸が重なると言われ、弔事の場ではNGとされています。

また、華美にならないようにと一粒だけのネックレスを選ぶのもマナー違反です。

必ず一連のネックレスにしましょう。
 

ピアスやイヤリングの場合は、一粒のデザインのものがいいでしょう。

ただ、アクセサリーは必ずつけなければならないものではありません。

真珠は宝石の中では輝きが控えめなため、葬儀の際でもつけることを許されているというだけです。

ネックレスは装飾品と考える人もいるため、つけない方が無難なのかもしれません。
 

お通夜のときの口紅の色は?

お通夜に際する言葉として片化粧というものあります。

これは、喪服の女性がする薄化粧のことです。

つまり、葬儀の際の化粧は派手にならないようにしなければなりません。
 

原則として口紅は使わないのですが、薄い色のものであればよいともいわれています。

あまり華美でなく、ほんのりと色がのる程度なら問題ないでしょう。

ラメ入りのものや、グロスなども避けてください。
 

●主婦の場合、お子さんを預かってくれる人がいないと困りますよね
お通夜に幼児や乳児を連れて行く?子供の注意点は?妊婦は?
 

お通夜のときの化粧で他に気をつけることは?

派手なお化粧はNGですが、ノーメイクも原則NGです。

大人の女性がフォーマルな場に出る際、ノーメイクはマナー違反になります。
 

どうしても化粧ができないような理由がある場合は別ですが、身だしなみとして相応の化粧は必要です。

具体的にはベースから薄目を心がけ、マスカラやカラコンはつけないようにしましょう。

目元は落ち着いたブラウンや薄いピンクのアイシャドウを使うのが無難です。

よほど顔色が悪くない限り、チークも避けたほうがいいでしょう。
 

また、化粧とは少し違いますが、ネイルをしている場合についても注意が必要です。

つけ爪やネイルアートの場合は落としていくのがおすすめです。

ただ、透明なクリアネイルやベージュ、淡いピンクなど目立たない色であればそのままでも大丈夫です。

どうしようかな?と迷うようであれば思い切って落としてしまいましょう。
 

問題は、ジェルネイルの場合です。

ジェルネイルはネイルサロンでネイリストにつけてもらうため、自分で落とすことができません。

もちろん、落としていくのが一番望ましくはあるのですが、お通夜の前にネイルサロンに行く時間をとるのは難しいですし、とれたとしても、施術したばかりのネイルを落としてしまうのはもったいないですよね。

そんな場合は、ジェルネイルの上から皮膚の色に近いベージュを塗ればOKです。

今では100円ショップでも手に入りますので、ネイルをとりたくない場合はそのように対処しましょう。

ジェルネイルの上に自分で塗るのに抵抗がある場合は、黒の手袋をつけて隠すという方法もあります。

その際の手袋は革製のものではなく、布製のものを選びましょう。黒のレースでもいいでしょう。

【東京ソワール】 あす楽対応 プチソワール フォーマル手袋 慶弔両用 弔事 結婚式 ブライダル ネイルアート 5649402
created by Rinker
¥3,850 (2020/04/05 05:16:02時点 楽天市場調べ-詳細)

ただ、お焼香の際は手袋を外すのがマナーのため、ネイルを塗った爪を見られてしまう可能性もあります。

心配なら重ね塗りでカモフラージュするか、潔く落としてしまいましょう。
 

●お通夜や告別式での服装についてもう少し
お通夜でカジュアルでない服装とは?前髪はどうする?帽子はNG?
 

まとめ

アクセサリーもお化粧も、弔事の場では控えめにするのがマナーです。

大切なのは「清潔感」と「控えめ」であること。
派手なものを避けるのは、遺族の方への配慮です。

お通夜は粛々と、故人を偲ぶためのものです。
大切な家族を失い、悲しんでいるご遺族の方への心配りを忘れず、マナーを意識した立ち振る舞いを心がけましょう。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました(^^)/

-マナー
-,

Copyright© 体 験 共 有 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.