みんなの体験を元にしたお役立ち情報を配信していきます!

体 験 共 有

スポーツ

卓球のラケットを削る?張り替え?重量やサイズに規定はある?

更新日:

卓球に興味がありいざ卓球部へ入部したものの、卓球のラケットを削る?張り替え?

先輩が何を言っているのかさっぱりわからない、専門知識なんだろうけどなかなか聞きづらいあなたのために、卓球のラケットの知識について書いていきたいと思います。

卓球のラケットを削るってどういうこと?

これから卓球を本格的にやろうと思っている人は、まずラケット選びをするでしょう。

卓球を始めた頃は、簡単な練習ばかりで、軽く素振りをしたりするばかりで、あまりラケットについて細かくは気にしないと思います。

しかし、いざボールを打つようになってくると、お店で売られているラケットって最初から自分の手にフィットする物なんてほとんどないのです。

なぜかというと、人それぞれ、力の入れる部分が違ったり、人差し指のあて方が違ったりしてしまうので、ある程度のものしか選べません。

そして、新品のラケットは、人差し指の所が角ばっていて打っていると、角が当たって痛いんです…。

でも、ある程度卓球をしている人のラケットには、角がないのです!

それはなぜ? 練習のやり過ぎで削れた?

もしかしたら、本当に自然と削れた人もいるかもしれませんが、ほとんどの人はラケットを紙やすりなどで削っているのです。

その行為がラケットを削るという言葉の意味です。

なぜ卓球のラケットを削るのかと言いますと、自分にあったラケットを作るためです。

肝心の削り方ですが、少しずつ時間をかけて、何度も手にとり、自分の手になじんでいるか確かめながら、完成させていきます。

自分で削るのはちょっと不安だからと言って他の人に頼むのは絶対にやめましょう。

自分に合うラケットは、自分で削った方が確実です。

【メール便OK】サンドペーパー 紙やすり93×228mm 6枚入り アサヒペン(-207067)
created by Rinker
¥275 (2020/04/05 05:26:39時点 楽天市場調べ-詳細)

卓球のラケットを張り替えるって何を?

部活をしていると先輩からラケット張り替えといてと言われることがあるかと思いますが、これは本当にラケットを替えるのではなく、ラケットのラバーを変えるということです。

ラバーと言うのはラケットのゴムの部分のことで、このラバーはシート部分とスポンジ部分で構成されています。

ラバーは、消耗品なので使い続けているとボールとの摩擦でゴムがすり減ってきたり、スポンジの弾力が弱くなってきたりしてしまいます。

そして、ラバーのゴムがすり減ってくると、ボールの引っ掛かりや、回転回数が落ちたりしてしまいます。

他のもので例えるのであれば、靴の裏をイメージしてください。

新品の靴は廊下を歩くとキュッキュッと音がなり踏み出した足がとまるような感覚ありますよね?

使い続けているとそのうち、滑るようになってくるかと思います。

それがラケットでも同じようなことが起こり、摩擦の抵抗がなくなることで、ラケットにボールが当たった瞬間、滑るような感覚になります。

ラバーの交換のタイミングですが、練習時間や使う時間などによって異なるのですが、大体の目安で言うと、練習量が少なくても2、3ヶ月に1回くらいで交換します。

そのうち、自分の感覚でわかってくるようになります。

しかし、張り替えるといってもどんな物に張り替えたらいいのかわかりませんよね?

張り替えるラバーは、色々な種類があり、メーカーによっても多少違ったりしますので、この商品が良いとは、はっきり言えないのですが、初心者が扱いやすいと言われているものがあります。

それは、表ソフトラバーか裏ソフトラバーです。

その他には、粒高ラバーやアンチスピンというものがあるのですが、少し扱いが難しいであまりおすすめはできません。

表ソフトラバーは、表面にツブツブが付いているやつで、ボールがラバーに接する面が少ないので回転の影響を受けにくく早いピッチで打つことができます。

逆に裏ソフトラバーは、表面が平らになっているやつで、摩擦力が高く、ボールがラバーの表面に引っ掛かり回転がかかるのでサーブで回転をかけたりという変化をつけやすいです。

ちなみに、表ソフトはラケットの表に貼って、裏ソフトはラケットの裏に貼るという意味ではありません。

そういう名称というだけの話であって、表ソフトも裏ソフトもラケットの表裏どっちに貼ってもOKです。

表ソフトラバーにするか裏ソフトラバーにするかを決めたら、次にこの表ソフトラバーか裏ソフトラバーの中の、

・高弾性(コントロール重視)
・ハイテンションラバー(弾み重視)
・回転系(スライス系重視)

という種類の中から、高弾性(コントロール重視)を選びましょう。

これが卓球を始めたばかりの人には1番扱いやすいのです。

そして、次にラバーの硬さを選んでいくのですが、各メーカーによってラバーの硬さが違います。

硬さは完全な好みなので、最初はちょうど真ん中の硬さから始め、自分に合うのは硬めなのか軟らかめなのかを、確かめながら決めていくと良いですよ。

次にスポンジの厚さですが、始めは標準の(中)か(厚)を選びましょう。

これは、ボールコントロールやボールの感覚をつかみやすく、上達しやすいので私はおすすめになのですが、これも慣れなので、のちに自分の好みに変更しましょう。

まとめると、まずは表ソフトラバーか裏ソフトラバーを選び、硬さは真ん中に設定して、厚さは(中)か(厚)にするということです。

バタフライ 卓球ラバー チャレンジャーアタック 表ソフトラバー 00180 BUTTERFLY
created by Rinker
¥2,970 (2020/04/05 05:26:39時点 楽天市場調べ-詳細)

★即納/あす楽★■卓球ラバーメール便送料無料■【Butterfly】バタフライ テナジー64FX 打球スピードと安定性の『テナジー』 05920 TENERGY64FX/TENERGY・64FX【卓球用品】裏ソフトラバー/卓球/ラバ-【RCP】
created by Rinker
¥8,041 (2020/04/05 05:26:39時点 楽天市場調べ-詳細)

これは私のおすすめなので、慣れてきたら自分の好みのラバーを作ってみましょう。

●最初はレシーブが思っていたより全然難しいんですよね。
卓球のレシーブで浮くのはなぜ?しやすいラバーは?苦手克服!

卓球のラケットに重量やサイズの規定はあるの?

卓球はボールの大きさやネットの高さなどには規定がありますが、ラケット自体に決まりはほとんどありません

ラバーもブレード部が4mm以下で、ブレードの素材は85%以上が木材のもので、JTTA(日本卓球協会)、ITTF(国際卓球連盟)が認めたものであれば、大きさや重さに一切規定はありません。

極端に言えば、大きさが50センチで重さが10キロなんていうラケットでもOKなんです。

グリップは自分が使いやすい形で良いので、自分がしっくりくる形を探してみましょう。

【限定特価/在庫限り】スティガ 卓球ラケット スウェーデンカーボン FLA(フレア) シェークハンド STIGA 1630-1001-35

実際日本の選手同士でも形が違います。

あなたも上達してきたら自分自身の分析をして、一生懸命削ったり試行錯誤して使いやすい世界に1つだけの自分オリジナルのラケットを作ってみましょう。

●どのメーカーのラケットを選べば良いのかも悩みますよね。
卓球メーカーは何が人気?シェアは?海外だと?ラケットなら?

まとめ

卓球のラケットは初心者のうちはおすすめに従って揃えていけばいいのですが、そのうちこの方がやりやすい!なんていう自分の好みができてきます。

そこで自分なりに自分に合うラケットを作っていくのです。

そうするとだんだん卓球のうまさも上達していきますので、練習も今よりもっと楽しくなるはずです。

あなたに合うあなただけのラケットづくりで楽しい卓球をしましょう。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました(^^)/

-スポーツ
-,

Copyright© 体 験 共 有 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.