みんなの体験を元にしたお役立ち情報を配信していきます!

体 験 共 有

料理

新米と古米を混ぜて食べる!売り物の定義は割合?見分け方

更新日:

秋になるとお米屋さんやスーパーで新米の文字をよく見かけるようになりますよね。

新米というからには取れたてのお米、という漠然としたイメージをお持ちだと思います。
でも、具体的に「新米」ってどんなお米なんでしょうか?

答えは「収穫された年の12月31日までに精米され、袋詰めなどがされたお米のこと」です。
これは、JAS法という農林物資の規格等に関する法律で定められています。

そう考えると新米って楽しめる時期が結構短いんですね。

そんな今、新米と古米を混ぜて食べるのがちょっとしたブームになっています。
せっかくの新米と古米を混ぜるの!?と思われるかもしれませんが、これがお米を美味しく食べる方法でもあるのです。

そこで、今回は新米と古米のブレンドや見分け方などをご紹介します。

新米と古米を混ぜて食べる!

新米と古米をブレンドしたら、一体どうなるのでしょうか?

では、ここで新米と古米の違いを見てみましょう。

新米は何と言っても、お米を炊いた時の香りとツヤが素晴らしいです。

水分を多く含んでいるためか、粘りも強く、食感は柔らかめです。

古米は新米に比べて食感が硬く、粘りが少ないのが特徴です。

香りとツヤも、新米に比べると劣ります。

お米の水分が少なくなっているので、炊くと大きく膨らむのも特徴です。

これだけだと、やっぱり古米は新米より美味しくないんでしょ?と思ってしまいそうですが、古米にもいいところがあるんです。

古米は冷凍管理されることで熟成され、お米の甘みが強まります。

また、お米の水分が少なくなることによって、一粒一粒が硬くなって食感が良くなります。

食感が良く、甘みが強いので、新米よりも古米の方が好きだという人もいるんです。

このように、新米と古米は良いところが違います。

だから上手にブレンドすることで、お互いの良さを引き立てることができるんですね。

お米のブレンドは、料理によって変えることをおすすめします。

まず、カレーの場合は新米2:古米8の割合でブレンドしましょう。

新米が多いと、お米の水分量が多いのでカレーと合わせるとべちゃべちゃになる場合があるからです。

次に、おにぎりの場合は新米8:古米2がベスト。

新米に古米を混ぜておにぎりを作ると、新米と古米の間に隙間が空き、空気が入るのでおにぎりが美味しく握れます。

天丼などの丼ものを作る場合は、新米5:古米5がおすすめ。

この割合が、一番ごはんにタレがからみます。

新米と古米のバランスも好みがありますので、自分でいろいろと試してみるのもいいかもしれませんね。

売り物の新米定義は割合による?

スーパーやお米屋さんで売っている新米ですが、新米ブレンドという表記を見たことはありませんか?

新米ブレンドは、文字通り新米と古米をブレンドしたお米です。

この表記には決まりがあって、複数の品種をブレンドした場合、新米使用割合が50%以上でないと「新米ブレンド」と表記できません。

50%未満の場合は、「新米〇%」と、新米の量をきちんと表記する必要があります。

逆に言えば、50%以上入っていれば「新米ブレンド」と表記できるのです。

新米の割合が半分くらいでも「新米」という表記ができてしまうことに驚きですね。

ブレンド米も美味しく食べることができますが、新米を楽しみたい!という人は表記に注意してみてくださいね。

【8年連続グルメ大賞受賞商品】【100円クーポン】新米 無洗米 山形県産 あきたこまち 10kg 5kg×2袋 令和元年産 送料無料【あす楽_土曜営業】上半期ランク入賞Shop Of The Year 米大賞 [北海道沖縄へは別途送料760円]
created by Rinker
¥4,699 (2020/01/18 10:47:59時点 楽天市場調べ-詳細)

新米と古米の見分け方

スーパーなどでお米を買う場合にはきちんと表記がされています。

ですが、農家の方からもらったお米など、表記がないお米もありますよね。

そんな場合、どうやって新米か古米か見分けるのでしょうか?

見た目ではほとんど判断できない新米と古米ですが、見分ける方法は二つあります。

一つ目は、触ってみること。

お米は劣化すると、白い粉が付くようになります。

つまり、お米を触って手に白い粉が付いたらお米が古くなっている証拠です。

二つ目は、お米を噛んでみる方法です。

新米は水分が多いため、柔らかくて割れやすいのですが、古米は硬くて割れにくいのです。

そのため、歯で噛む際に力を入れなくても簡単に割れるのが新米で、米が硬く、力を入れるとパキっと裂けるように割れるのが古米です。

どちらで判別してもいいのですが、お米を触ってみる方が簡単でいいかもしれませんね。

まとめ

新米とは「収穫された年の12月31日までに精米され、袋詰めなどがされたお米のこと」です。

新米はお米の水分量が多く、粘り気が強いことと、炊いたときの香りとツヤが良いのが特徴です。
一方古米は新米に比べて水分量は少ないですが、熟成されてごはん甘みが強くなります。

新米と古米をうまくブレンドすることで、お互いの良さを引き立ててより美味しく食べることができます。
料理によってブレンドを変えたり、自分の好みのブレンドを見つけるといいでしょう。

スーパーなどでお米を買う時、「新米ブレンド」と書いてあるお米の新米の割合は50%以上です。

新米と古米の見分け方は、触ってみて手に白い粉が付けばお米は古くなっています。

今回ご紹介した情報をもとに、美味しいお米を食べるためのちょっとしたコツを覚えましょう。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました(^^)/

-料理
-,

Copyright© 体 験 共 有 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.