みんなの体験を元にしたお役立ち情報を配信していきます!

体 験 共 有

イベント

祝日と祭日の違いって何?国民の休日?振替休日のルールとは?

更新日:

日本の暦には、土日以外のお休みの他に、祝日があります。

祝日と言っている人、祭日と言っている人がいますが、この2つには違いがあるのでしょうか。

それと、国民の休日って何なのでしょうか?

また、振替休日というのはどんな仕組みなのでしょうか?

祝日と祭日の違いって何なの?同じこと?

土日以外で学校や仕事が休みになるあのカレンダーの赤い日を、祝日、祭日という2つの言い方を聞きますが、この2つの呼び方に疑問を抱いたことはありませんか?

祝日、祭日にはちゃんと違う意味があり、別物なのです。
 

まず、祝日の意味について書いていこうと思います。

祝日というのは、文字の通りお祝い事がある日という意味がありますので、建国などおめでたい日などに作られた休日です。

これは、1948年に法律で定められています

国民の祝日に関する法律という法律です。

祝日には種類があり、先ほどお話しした建国などのお祝い事での祝日、振替休日や国民の休日があります。

これらの詳しいお話は後ほどしたいと思います。
 

次に祭日について書いていきます。

祭日というのは、名前の通り、お祭りごとがあるときに作られた休日です。

宗教的なお祭りに使われる日で、キリスト教のお祭りごとや、神社などの祭りのことを言います。

昔は日本の皇室が行う祭事は休日として扱われていました。

これが祭日です。
 

しかし、1945年に日本は戦争に負け、法律などの見直しが行われそれに引き続き、1947年に日本の休日についての見直しが行われ祭日は休日としなくなりました

神社の祭りがあるので今日はお休みということは聞いたことがないと思います。

しかし、1947年までは祭日は休日だったためにその当時、若かった方々は祭日と祝日が混じってしまっているのです。

それが、下の世代まで伝わり、今もまだ祝日と祭日が混じって覚えている方がいるというわけですね。
 

確かに、私も自分の祖母から

「あれ、明日は祭日か?」なんて言葉を聞いたことがあります。

当時、祝日と祭日は同じものだと思っていましたが実は違ったんです。

今ではちゃんと違いを知ったので、休日の事は祝日と呼んでいますので、我が家の子供たちもしっかりと祝日と言っています。
 

祝日(祭日)になる国民の休日って何のこと?

祝日の種類で国民の休日という日があるというお話をしましたが、この国民の休日は何のお祝い事でもないのに休日なのはなぜなのでしょうか。
 

この国民の休日というのは、とてもレアな休日のことで、祝日と祝日に挟まれた平日のことを言います。

祝日と祝日に挟まれた平日とだけ言われてもあまりピンとこないかもしれませんので詳しくお話していきます。
 

代表的なのは、2019年5月に年号が変わりますが、この5月1日は新天皇即位の日として2019年の1年限りの祝日となります。

そして、4月29日昭和の日と5月1日新天皇即位の日に挟まれた4月30日、5月1日の新天皇即位の日と5月3日の憲法記念日に挟まれた5月2日が国民の休日となりました、

結果、いつもの平日がその年だけ祝日となり、2019年のゴールデンウィークは例年よりもボリュームアップした10連休となりました。

学生はカレンダー通りに学校へ行きますので、今回の10連休は本当に嬉しいですね。
 

過去にも秋のシルバーウィークで、祝日と祝日に挟まれたことにより国民の祝日ができました。

国民の祝日は、祝日と祝日に挟まれないとできない祝日なので、そう滅多にお目にかかることのできない祝日です。

次は何年後に作られるのでしょうね。
 

ちなみに1988年~2006年の間、5月4日が平日だった場合は、5月3日の憲法記念日と5月5日のこどもの日に挟まれるため国民の休日となっていましたが、今は「みどりの日」となったため、なくなりました。

従って、天皇即位関係でGW(ゴールデンウィーク)に国民の休日が出来る2019年以降は、シルバーウィークの第三月曜日の敬老の日と日が決まっていない秋分の日が水曜日となるパターンしか基本的に発生しないことになります。
 

前回、敬老の日と秋分の日に挟まれて国民の休日があったのは2015年のことで、シルバーウィークで世間も少し盛り上がっていた記憶があります。

次そうなるのは2026年、その次が2032年と予想されています。

しかし、秋分の日はあくまで計算に基づく予測であり、天文学的観測によって変わる事があるようです。
 

●日本の祝日を全て一覧にしました。
日本の祝日・祭日の一覧|各月の祝日を詳しく解説
 

祝日(祭日)の振替休日のルール

祝日の中に振替休日という休日がありますが、この振替休日ができるためにはルールがあります。
 

そのルールというのは、たまたま祝日と日曜日が重なってしまう事があった場合、もともと日曜日は休日なので祝日による休みが1つ減ってしまう事になります。

祝日の休みが減ってしまわないようにするため、祝日と日曜日が重なった日祝日と祝日が重なった日などは振替休日として、月曜日以降に作られます。
 

「祝日と祝日が重なる?」と不思議に思われるかもしれませんが、先ほどお話した敬老の日と秋分の日は重なる可能性は一応あるんですね。

まぁ、皆さんがご健在の間に起こることはないようですが・・・。

他にも、2019年の新天皇即位のように、特別な祝日がその年だけ出来ることも有り得ます。
 

話は戻りまして、振替休日は日曜日に祝日が重なった時、祝日と祝日が重なった時にのみ振り替えられる休日なので、土曜日に祝日が重なっても振替休日にはなりません。

なんか損した気分になるという声を結構聞くことがありますし、私自身も土曜日と祝日が重なっても振替休日にしてほしいなぁと思います。
 

まとめ

何十年も前に祭日という言葉が暦から消え、祝日だけが残っています。

週の中にある休みは全て祝日ということで覚えておいてくださいね。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました(^^)/
 

-イベント
-,

Copyright© 体 験 共 有 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.