みんなの体験を元にしたお役立ち情報を配信していきます!

体 験 共 有

スポーツ

卓球台は何畳のスペースで置ける?重さは?ネットの高さやテーブルサイズは?

更新日:

子供が一生懸命頑張っているものに対して、協力したいという気持ちは親としてみんな同じだと思います。

卓球に熱を入れ始めたお子さんが家でもしっかり練習できるように、自宅に卓球台を置いてみようと思ったけど、自宅に置くとなると、結構大きいものですので何畳くらいのスペースを確保すれば良いんだろうかとお悩みの方もいるかと思います。

卓球台を自宅に置くには何畳くらいのスペースが必要?

卓球台には国際規格サイズと言うものがあり、自宅に気軽に置けるファミリーサイズとは全く違います

ファミリータイプでしたら、国際規格サイズより小さめですので、4畳半から置けるタイプや6畳で置けるものなどがあり簡単に卓球をプレーすることができます。

ファミリータイプはお値段もお手頃で卓球の感覚を養ったりコントロールをつけられたりと、それはそれで良いと思います。

家族で楽しもうという感覚で購入するのであれば、ファミリータイプで十分です。

しかし、部活などで使用している卓球台は国際規格サイズですので、感覚が異なってくるため、本格的に卓球の練習をしたい人にとっては、このファミリータイプの卓球台は練習になりません。

本格的な練習のためでしたら、国際規格サイズを購入します。

ティゴラ 卓球台 国際規格サイズ セパレート式(移動キャスター付) 天板16mm (TR-2PG3019TTコ16) TIGORA

しかし、この国際規格サイズはかなり大きく18畳のスペースが必要です。

なぜ18畳も必要なのかというと、卓球台を置いたところで、動くスペースがなければ卓球の練習はできません。

実際にもう少し狭い部屋に国際規格サイズの卓球台を置いていた身内がいますが、あまりの狭さに、腕が壁に当たり、走る事も出来ず結局ガレージに移していました。

卓球台を置くスペースのほかにも走るスペース、腕を振るとき、壁に手が当たらないかという事も頭に入れておかなければなりません。

なかなか大変な広さですが、練習のためなのであれば必要な広さです。

卓球台の重さってどれくらい?本格的なのは重そうだけど・・・

卓球台を置くスペースのことはおわかりいただけたかと思いますが、今度は卓球台の重さについてです。

本格的な国際規格の卓球台・・・なんだか、かなり重たそうです。

家の中に置くのでしたら重さによって何階の置くのか、考えますよね。

あまり重すぎると家の底が抜けるかなんて心配してしまいます…。

では卓球台はいったい何キロあるのでしょうか?

卓球台の重さはピンからキリまであって、軽いもので35キロ程度です。

重たいもので、180キロ程度あります。

35キロのものでしたら、購入時配送業者が運んでくれるのですが、90キロくらいになってくると、家に置くときに色々と制限が出てきます。

さすがに90キロもあるものを運ぶのは配送業者も大変なので、男性の補助を1人付けられるのであれば購入できますというものだったり、マンションでしたらエレベーターのない家の1階以上の家には配達できないなどの決まりがあります。

そりゃそうですよね。

こんなに重たいもの、かなりの人数で運ばなければいけません。

やはり見た目の通り、卓球台は非常に重たいものということがおわかりいただけたかと思います。

●重さと言えば、ラケットに重さ制限なとはあるのでしょうか?
卓球のラケットを削る?張り替え?重量やサイズに規定はある?

卓球台のネットの高さ・テーブルの高さ・コートの大きさ

次に卓球台のネットの高さ、テーブルの高さ、コートの大きさについて書いていきたいと思います。

これから卓球を本格的にやっていこうと思うのであれば、これらのことはしっかり頭に入れていかなければなりません。

それでは最初に卓球台のネットの高さからですが、卓球台のテーブルから15.25㎝の高さに水平に吊るされています。

そして、台の両端に取り付けられたサポートによって支えられているのです。

ちなみに1990年代のネットの高さは17.25㎝でした。

でも、なぜ今では2㎝も短くなったのでしょうか。

その理由は、2㎝高いだけで卓球のラリーが本当にうまくいかず、1試合終了するまでになんと5時間もかかってしまったのです。

5時間もかかれば選手もヘトヘト、観戦している側も疲れてしまっていました。

このままでは卓球が廃れてしまうということで、国際卓球連盟が2㎝低くして、素早いラリーが可能となり、卓球は人気のスポーツとなったのです。

しかし、これにも例外があり、ラージボールを使うときのみは改正前の17.25㎝のままでおこないます。

次にテーブルの高さですが、床面から76㎝の高さになっています。

自宅のダイニングテーブルの高さを計って頂くと、まず76cmよりは低いと思います。

次にコートの広さです。

卓球のコートというと2つの解釈が出てくるかもしれませんね。

まず、一つは卓球台の上面です。

卓球台の上面、つまり天板の広さは、長さが274cm、幅が152.5cmの長方形です。

そしてもう一つは、卓球台を置くところ。

つまり、選手が動き回るコートです。

これは、正式なもので横7メートル、縦14メートルの98平方メートル、天井の高さ4メートル以上となっています。

大会によっては横6メートル、縦12メートル、天井の高さは4メートル以上となっています。

卓球はあまり大きく動かないイメージが強いかもしれませんが、思っているよりも広いスペースが必要で、それだけ激しいスポーツなんです。

●コートにいろいろ細かい規定がありましたが、プレー中のルールもいろいろありますよ
卓球を見てたら気になるルール|ノーバン・サーブ・リストバンドetc.

まとめ

子供のために本格的な卓球台を家に設置するのはなかなか大変そうですね。

国際規格サイズの大きさの卓球台を家に置こうと思うと18畳は必要で、重さは30キロ以上ですので、結構しっかりめな部屋を確保する必要があります。

折り畳み式をLDKに置く方もいます。

場所をとってしまうかもしれませんが、お子さんが熱心に頑張っているのを眺めながら家で過ごすのもいいのではないでしょうか?

最後まで読んで頂き、ありがとうございました(^^)/

ティゴラ 卓球台 国際規格サイズ セパレート式(移動キャスター付) 天板16mm (TR-2PG3019TTコ16) TIGORA

-スポーツ
-,

Copyright© 体 験 共 有 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.