みんなの体験を元にしたお役立ち情報を配信していきます!

体 験 共 有

マナー

お通夜のとき髭は剃らなきゃダメ?爪は切る?指輪は外す?

更新日:

冠婚葬祭の中でも、突然やってくるのが弔事です。

私が住んでいる地域はお年寄りが多く住んでいるのですが、夏と冬は特に葬儀が多いと感じます。
一般的にお葬式が多いのは12月から3月の寒い時期なんだそうです。

寒くなると寒暖差によって血圧が上昇し、心臓や血管に負担がかかるため、梗塞などの突然死につながってしまうのだとか。

お通夜に参列する機会はそう多くありません。年若い世代になれば、なおさらですね。
普段から喪服を用意しておらず、突然の訃報に焦って準備をした、という経験がある人も多いのではないでしょうか。

お通夜に参列する際は、ご遺族に失礼があってはいけませんよね。
服装や小物などの他、細かな身だしなみなど、気を配らなければならない点がたくさんあります。

準備したはいいけれど、これで大丈夫かな?と不安になってしまうことはありませんか?
そこで、今回はお通夜に参列する際のマナーについてご紹介します。
知っておけばいざという時に役立つこと間違いなしですよ。

お通夜に参列するとき髭は剃らなきゃダメなの?

弔事に参列する際は、ふさわしい礼服や小物を身につけるのはもちろん、身なりにも気を配らねばなりません。

こういった場において一番大切なのは清潔感です。
 

男性の場合、髭は必ず剃りましょう

弔事に限ったことではありませんが、男性がフォーマルな場所に出向く場合、髭を剃っていくのがマナーです。
 

また、髭だけではなく、髪型にも気を配る必要があります。

必ずしも葬儀のために美容院や理髪店に行く必要はありませんが、髪型も整っているのが望ましいです。
 

前髪は目にかからない程度の長さがいいでしょう。

後ろ髪を伸ばしている場合は、おじぎやお焼香のたびに髪の毛がバラバラになるのを防ぐため、一つに束ねたほうがスマートです。

短髪の場合は耳を出しましょう。
 

整髪料のつけすぎにも注意が必要です。

できれば無香料のものを少しだけ使うようにしてください。

整髪料を多く使うと、髪の毛がテカテカして、喪服を着ているとても目立ってしまいます。

同じ理由で、肩にフケが落ちないように注意してください。
 

お通夜のときに爪が伸びているのはマナー違反?

お通夜の時は爪を短く切っておきましょう。

先ほども書きましたが、大切なのは清潔感です。

爪が伸びていると、それだけでだらしなく見られてしまいます。

お通夜の際はお焼香やご芳名帳の署名など、指先を見られる機会が多々ありますので、指先にも気を使いましょう。
 

また、女性でネイルのために伸ばしているという場合は、見苦しくない程度に揃えます。

爪には何もせずに行くのがベストですが、ネイルをする場合は透明やベージュなどの目立たない色にしてください。

ラインストーンやラメなど、派手で光るものはふさわしくありません。
 

どうしてもネイルをとりたくない場合は、黒い手袋を身につけましょう。

その場合は革製の手袋を避け、布製のものにしてください。

黒のレースでもOKです。

【東京ソワール】 あす楽対応 プチソワール フォーマル手袋 慶弔両用 弔事 結婚式 ブライダル ネイルアート 5649402

ただ、お焼香の際は手袋を外すのがマナーです。

その点だけは十分に気を付けましょう
 

お通夜のときは指輪は外しておくべき?

お通夜の際は、結婚指輪以外のアクセサリーは避けるようにします。
 

男性の場合、ブレスレットやカフスボタン、ネクタイピンはつけないようにしましょう。

腕時計はつけて構いませんが、あまり派手でないものを選んでください。
お通夜でNGな腕時計や眼鏡は?鞄も気を付けるべき?

また、胸元のポケットにハンカチを入れておくのもマナー違反です。
 

女性がアクセサリーを身につける場合は、真珠のものにします。

ブレスレットでもネックレスでもピアスでも構いませんが、ネックレスの場合は一連のものにしましょう。

真珠の色はホワイトでもブラックでもどちらでもOKです。
 

ただ、和装の場合は結婚指輪以外のアクセサリーをつけないようにしましょう。

身につけると過度な装飾とみなされ、マナー違反になってしまいます。

お通夜でカジュアルでない服装とは?前髪はどうする?帽子はNG?
 

まとめ

お通夜はフォーマルな場です。
そのことを意識して身だしなみに気を配れば、それほど心配することはないでしょう。

清潔感に気を配りつつ、全身のコーディネートは控えめにすることが大切です。
礼服も、喪主が身につけている物よりも高級なものはNGです。
あまり粗末な礼服も良くありませんが、華美にならぬよう、無難にまとめましょう。

通夜とは、故人との別れを惜しむ儀式です。
大切な家族を亡くしたご遺族の気持ちを慮り、心配りを忘れないことが大切です。
しっかりとマナーを守って参列し、故人の冥福をお祈りましょう。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました(^^)/

-マナー
-,

Copyright© 体 験 共 有 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.